« 宮古島と比較してはいけません | トップページ | 山小屋で尾瀬を満喫する旅・2 »

山小屋で尾瀬を満喫する旅・1

尾瀬には何度か行っていますが、いつも日帰り。
山小屋泊まりをしたことがありません。

今回、オキナワ行きの休暇を4日取っていたので、2泊3日で、のーんびりゆっくり、尾瀬の紅葉を満喫しようと考えました。

・・・それなのに、台風17号、ジェラワットさん。
グルリを向きを変え、列島縦断。

あかん~wobbly

結局、9月29日・30日の1泊2日にプランを縮小。
その分、尋常でないスピード(?)で尾瀬を歩きまわることになりました。

今回は群馬県側の鳩待峠から尾瀬入り。
天気のいい予報だった29日は、尾瀬ヶ原を横断し、燧ケ岳にチャレンジしました。

コースはコチラのルート紹介を参考にどうぞ。

121001a 朝もやの至仏山

121001b 尾瀬ヶ原の草紅葉

121001c こちらは燧ケ岳

早朝に出発したので、ほとんど人のいない尾瀬ヶ原を堪能しました。

さぁ、いよいよ燧ケ岳に登ります。
燧ケ岳の登山道は5本。
そのうち、尾瀬ヶ原からのコース、見晴新道を登ります。
標高差が一番大きい、ハードな道のりです。

121001d 登山口

121001e 岩がゴロゴロ

ずーっとずーっと、岩ゴロゴロの急登。
コワい・・・。
この道、やばい。
足場が悪いので、ほとんど写真撮れず。

121001f

でも、振り返ると、登ってきた尾瀬ヶ原がうつくしぃ・・・。

120930 なんとか登頂heart04

121001g 山頂から尾瀬沼を望む

絶景を楽しんだら、下山しなければ。

無事に登頂を果したけど、あの強烈な岩場の道を下るのはコワすぎる。
一人登山だし。

同じ道を戻るのをやめて、一番ゆるいコース、長英新道を下りコースに選び、下山します。
ものすごい遠回り。

121001h こちらは緩やかなトレイル

121001i 紅葉もキレイshine

尾瀬沼から尾瀬が原に戻り、今日のお宿へ。

121001j 弥四郎小屋

はー、しんどかった~coldsweats01

歩行時間8時間48分。(休憩含む)
歩行距離23.8km。

・・・歩きすぎだからcatface

次回、尾瀬旅2日目編をお送りします。

ブログランキング参加してます。
よかったらポチッとクリックお願いしま~すnote

→→ 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

|

« 宮古島と比較してはいけません | トップページ | 山小屋で尾瀬を満喫する旅・2 »

TREKKING」カテゴリの記事

コメント

まったくiwatobiさんのフットワークのよさには
ビックリさせられます。
でも、そういういきなりの行動、好きですよ。
私も似たような事を良くやりますもん。
これからもそうした記事、楽しみにしてますよ。

投稿: 一路 | 2012年10月 2日 (火) 05時30分

9時間近く歩いて24キロ弱だから山登りはきついんですね。
その分いろいろな景色や山頂からの見晴し等、また違った楽しさが有るんでしょうね。

投稿: moscat | 2012年10月 2日 (火) 05時33分

イワトビさま…。
さすがでやんす。
転んでもただでは起きない。
まさか尾瀬に一泊でいってらしたとは。
その行動力と決断力は素晴らしすぎる。

天気も良く、風景も綺麗ですね♪
岩場もときめくわぁ。って、岩場がずっと続くのは嫌だけど。

投稿: きぐま | 2012年10月 2日 (火) 18時28分

★一路さま
そんな弾丸ムスメみたいな言い方~。
褒め言葉ですよね( ´艸`)プププ
これからも勢いよく、ガツガツいきますです♪

★moscatさま
山登りはきついです~。
そして、コワい~(@Д@;
でも、自然の中はすごく気持ちいいです。
達成感はフルマラソンによく似ていると思います♪

★きぐまさま
台風17号が発生してすぐ、
セカンドプランの組み立てにいそしんでおりました。
山小屋の空き状況とか、交通規制とか。
ほんとはもっと派手なお出掛けしたかったんですけど。
十分ハデか?

時間があれば、岩場もご案内しますよ~♪

投稿: iwatobi | 2012年10月 2日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149067/47271098

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋で尾瀬を満喫する旅・1:

« 宮古島と比較してはいけません | トップページ | 山小屋で尾瀬を満喫する旅・2 »