« オンナひとりDE富士登山・傾向と対策<持ち物編> | トップページ | オンナひとりDE富士登山・傾向と対策<高山病対策編> »

オンナひとりDE富士登山・傾向と対策<ウェア編>

オンナひとりDE富士登山。今回はウェアについて。

暑いのも寒いのも、もちろん動きにくいのもイヤ。
でも、見た目くらい山ガールを気取りたいの。

そんなオトメ心も分かって欲しい、オトコマエ(?)なiwatobiです。

ウェアは天候に左右されるので、登頂前日、センパイ山ちゃんに再びHELP。

明日のお天気を、どう読みますか??

早朝から動けば、雨は大丈夫だろう、とのこと。

ただし、須走ルートは富士山の東側を歩くから、樹林帯より上は強烈な日差しをずっと背中に浴び続ける。
日差しだけなら体感35度。でも、立ち止まると風が冷たい。
山頂は真冬の風がビュービュー。

大丈夫、これが富士山って物だよ。はっはっは。

うーむ。

気温、雨よりも、風&日焼け対策を重点ポイントに、ウェアを決定。

120909a 五合目バージョン

・黒の長袖インナー(プーマのマルチウェア)
・ダンスキンランチュニ(秋冬用 防風・防寒仕様)
・C3fitロングタイツ
・トレッキング用ソックス
・グラミチショートパンツ(オールシーズン アウトドアウェア)
・フェニックスドライパーカー(春夏アウトドアウェア)

その他小物
・泥除けスパッツ
・グローブ
・キャップ
・サングラス
・ネックカバー(日焼け予防兼砂走りのマスク用)

120906_2 六合目バージョン

動いて暑くなったので、パーカーを腰にまく。

120909b 山頂バージョン

気温4度、風速8m。
モンベルのレインジャケットを重ね着。
ぜーんぜん寒くなかったよ。

ランウェアは基本的に汗冷えしにくいし、UVカット効果もあります。

風&日差しが強く、気温変動の激しい富士山にも便利。
特に、冬用のランチュニは防風仕様なので、風を通さず、快適に歩けました。
9合目まで、一番上の写真の体勢で問題なしでしたヨ。

薄着の方が軽快に動けるけど、低体温症になったら命に関わります。

冬用のランウェア、山でかなり使えますよfuji

ブログランキング参加してます。
よかったらポチッとクリックお願いしま~すnote

→→ 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

|

« オンナひとりDE富士登山・傾向と対策<持ち物編> | トップページ | オンナひとりDE富士登山・傾向と対策<高山病対策編> »

RUN&JOG」カテゴリの記事

コメント

なるほど…コースによって、体感温度などもずいぶん違うのですね。
ルートもいくつかあるというのも初めて知りました!
勉強になります~(*^-^*)

投稿: | 2012年9月 9日 (日) 13時37分

★華さま
首の日焼けに注意、と言われて、
方角を考えてなかったことに気が付きました。
朝登るか、昼から登るかでも、条件が変わりますね。
華さんもいずれ富士山チャレンジかな??

投稿: iwatobi | 2012年9月 9日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149067/46976047

この記事へのトラックバック一覧です: オンナひとりDE富士登山・傾向と対策<ウェア編>:

« オンナひとりDE富士登山・傾向と対策<持ち物編> | トップページ | オンナひとりDE富士登山・傾向と対策<高山病対策編> »