« 東京マラソン2013に向けて | トップページ | 佐野厄除け大師なう »

はやぶさ★謙さんバージョン

昨日、ビビアンと「はやぶさ 遙かなる帰還」を見てきました。

渡辺謙さん主役のバージョンです。

内容は、基本的にはやぶさドラマそのままです。
でも、前のHAYABUSA(竹内結子ちゃんバージョン)とは、ちょっとテイストが違います。
研究者目線のより硬派な映画になってました。
ミッションが進むごとに、いろんな技術の研究者、技術者が出てきます。
それがみんな有名どころの俳優さん。超豪華メンバーでした。

映画の好みは人それぞれなので、どちらがいいとは言えません。
帰還のシーンはどっちもホロリ、でした。

で、映画とは直接関係ないですが、以前ほんのちょっとだけ、宇宙業界に関わっていたので、プチ裏話。
(有名な話なので、知ったかぶりするほどのことでもないんだけどcatface

今、日本の宇宙関連研究はJAXA(宇宙航空研究開発機構)が行っています。

が、しかし、はやぶさが打ち上げられた時、JAXAはなかったのです。

はやぶさを開発したのはISAS(宇宙科学研究所)で、相模原にメインの研究施設があります。

で、はやぶさミッションの途中で、日本の宇宙機関の統合がありました。

NASDA(宇宙開発事業団)
ISAS(宇宙科学研究所)
NAL(航空宇宙技術研究所)

この3つが統合して、今のJAXAになったのです。

はやぶさ映画を2本見て思ったこと。

この前のHAYABUSAは、現在のJAXAが全面協力して作った映画、という感じがしました。
で、今回のはやぶさは、JAXA内の、旧ISASの人たちが協力して作ったんじゃないか、と感じたのです。

なんというか、より現場寄り。緊迫感がありました。

映画の中で、「予算がない」話しも出てきます。
実は、ISASは旧文部省の管轄。
NASDAとNALは旧科学技術庁の管轄。

ISASは予算なさそう・・・だよねぇcoldsweats01

はやぶさ映画、第3弾は藤原竜也くんバージョンの「おかえり、はやぶさ」。
3月10日公開です。
今度は3Dだよ。楽しみだ~shine

最後に、無理やりランネタ。

種子島ロケットマラソン
種子島にロケット打ち上げ場があるから、ロケットマラソンです。

でも、はやぶさの打ち上げは鹿児島県の内之浦。
内之浦は旧ISASの打上げ施設です。

種子島は旧NASDAの打上げ施設なのでした。

・・・打ち上げ場、見たいなぁ。
・・・ロケットマラソン、出たいなぁ。

***********************

ランブログなのに、東京マラソンの前日とはとても思えない記事を書いてみました。
だって、みんな、今日はもうブログ読んでるヒマないもんね。

ワタクシは、明日、お華の試験を受けて参ります。
残念ながら応援には行けませんが、関東北の方より全国のミナサマを応援しています。

みんな、がんばれ~punch
私もひっそりと、自分のことをがんばりま~す。

ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックで、元気が出ます。
コメントもお待ちしておりま~すnote


→→ 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

|

« 東京マラソン2013に向けて | トップページ | 佐野厄除け大師なう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149067/44257230

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ★謙さんバージョン:

« 東京マラソン2013に向けて | トップページ | 佐野厄除け大師なう »