« 一人deトレイルin赤城山★番外編&おまけ | トップページ | 庚申山★紅葉写真館 »

勝手に応援トレッキングin庚申山

11月3日、湘南国際マラソン
そして、本来なら私にとってのハーフの本命レース、ぐんま県民マラソンが同日開催されました。

なので、私なりに、ささやかな応援を考えました。

・・・こんな湘南裏ドMトレーニングを実施していた方も→コチラ

私は私なりに、今の私に出来るチャレンジを考えました。

よし、フルマラソンと同じくらいの時間、運動しよう。

で、足尾の山、庚申山に登ってきました。

トレッキングのガイドブックでは、所要時間7時間弱。
湘南の制限時間は6時間。いいトコです。

庚申山のベーシックな登山ルートは標高830mの銀山平~山頂1892mまでの往復、約1000mを登ります。
距離は13kmちょっと。
銀山平からの約4kmは林道なので、気をつければ走れます。

なので、登山道で無理せず足を残し、最後の林道4kmを走って終わることを目標にしました。

111104a_2 登山口の銀山平

私は庚申山の山頂往復コース。
根性座った人は、さらに皇海山まで往復します。
私では時間的にムリ。遭難します。

111104b ナゾの岩場「天狗の投げ石」

111104c 林道の終点、一の鳥居

ここから本格的に山になります。

111104d 夫婦蛙岩

庚申山はこんな巨石・巨岩が多いのが特徴です。
坂はそれほどきつくないのですが、どこもかしこも石が落ちているので、走るには向きません。

111104e 庚申山荘

標高1490mにある立派な山荘です。
toiletお借りしました。

山荘を越えると、急に坂がきつくなり、足場が悪くなります。

111104f ほぼ90度のハシゴとか

111104g 登山道が見えない岩場とか

なかなかビビらされる登山道です。
でも、このコース、関東ふれあいの道なんですよ。
名前のゆる感と違いすぎ。

しかも、急坂を登っている時、雨が、雨が降ってきた~sweat01

私の計算では、後30分ほどで山頂。
でも、岩場の多いこのコース、本格的な雨になったら、かなり滑ります。
ちょうど歩き始めて2時間半経過したところ。
ここで折り返しても5時間近く運動することになるから、サブ5ってことでいいかなぁ、と下山を考えます。

下りかけたところで、ハイカーのオジサマが1人上がってきました。
下山を考えている、と話したら、たぶんすぐ雨やむよ、少し休んで様子見たら?と言ってくれました。

で、オジサマのコトバ通り、おやつを食べて10分ほど休憩。
無事、雨がやんだので、再び登頂を開始しました。

111104h 山頂~heart04

山頂で先ほどのオジサマに追いつきました。
お礼にチョコを一つおすそ分けして、サクサク下山しました。

いい感じに足も残せたので、最後の林道はちゃんと走って下りましたヨ~。

全行程5時間55分。
ちゃんと、制限時間いっぱいいっぱい運動したよgood

おまけ。

銀山平にはかじか荘という国民宿舎があります。
日帰り温泉で大人気。
私もしっかりお風呂に入り、ボロボロの身体をほぐしてから帰宅しました。
本日、筋肉痛もほとんどなし。
赤城との連続山トレが効いたかな~happy01

ブログランキング参加してます。
ポチッとクリックで、元気が出ます。
コメントもお待ちしておりま~すnote


→→ 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

|

« 一人deトレイルin赤城山★番外編&おまけ | トップページ | 庚申山★紅葉写真館 »

RUN&JOG」カテゴリの記事

コメント

本格的な山ガールですね!
近くにいい山があっていいですね。
バイクに登山に、行動力が素晴らしいです!

しかし天狗の投げ石って、なんかすごいね。

投稿: レイ | 2011年11月 4日 (金) 23時40分

わ。過酷なお山!岩場とか怖そう…。
こんなお山を6時間切って…。タフなトレーニングですね。
所要時間もハードさも、まさに応援トレッキングですね。

私の応援ランにもリンク貼ってくれてありがとです♪

投稿: きぐま | 2011年11月 5日 (土) 07時47分

★レイさま
ただ好きなことをやってるだけですよ~。
庚申山も楽しいお山でした。

天狗の投げ石、足尾七不思議か何かになっていたと思います。
なんであんななのか、よく分からないらしいです。

★きぐまさま
同じようなことを考えててうれしくて、勝手にリンク貼っちゃいました。

庚申には10年くらい前に登った事があるのですが、
久々すぎてビビリました。
あれー、こんなきつかったかな?って。
でも、迷子になることはないし、ちゃんと整備された登山道なんですよ。
来年はご一緒しましょう。

投稿: iwatobi | 2011年11月 5日 (土) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1149067/42854155

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に応援トレッキングin庚申山:

« 一人deトレイルin赤城山★番外編&おまけ | トップページ | 庚申山★紅葉写真館 »